地元・新潟の安全を守るため
大学の専攻を活かし地質のプロに。

相馬美里
地質調査部

新潟大学 理学部 地質科学科卒
2017年 入社

地質の知識と調査経験を活かせる環境をチョイス

マントルを形成する岩石、カンラン岩が大学での研究対象でした。フィールドワーク重視の学科で、露頭観察や沢調査に出かけては、記載や岩石等のサンプルの採集を行い、その地域の地質の成り立ちなどを考察し、一般的な地質学を学んでいました。

就活では、地質についての知識と経験を活かせることを第一に考えて、県内外の建設コンサルタントから候補を絞って、合同会社説明会に参加しました。最終的には、地元の新潟の企業であり転勤がないこと、JRに関わる現場に興味がわいたことが入社の決め手になりました。

入社時には女性技術者は私一人でしたが、上司や先輩はフレンドリーで垣根なく話せる環境なので、あまり意識することなく勤務できます。

地質を調べ、安全で経済的な設計施工法を見出す

現場では、ボーリング会社の現場作業の管理とサンプルの観察。その後、専門業者が行った土質試験の結果を受けて、ボーリング柱状図に反映させ、グラフや表も含め報告書をまとめます。
地盤の強度を示すN値が低い場合は、該当エリアを避けて建設する、地盤改良を行う、あるいは支持層まで杭を打つ等といった選択肢の中から、こういう施工方法を推奨するという結論まで提示します。こうした判断は、実績が豊富で資格を持つ先輩が行い、私はまだ勉強中。

入社以来、さまざまな案件を経験する中で、知識が増え、以前はできなかったことが改善されてきて、自分では手ごたえを感じています。

自律的に目標を設定し、着実にステップアップを

地質調査から地盤評価へは、大学で学んだことも活かせるので取りかかりやすいところもありましたが、設計や施工方法についてはまだまだ学ぶことが多く、これからも継続して取り組んでいきたいです。同時に、応用理学部門の技術士資格取得も目指します。
1年目で技術士補を取り、この後、数年で取得できたらと考えていますが、仕事が増えていく中での勉強なので、気合を入れなくては。そしてもう一点、コミュニケーション力をもっと付けていきたいと思います。

地質調査はPCやCAD作業以外に、現場での業者さんへの指示、発注者との打ち合わせや結果の説明など、人と向き合ってやりとりする機会もあります。普段から報連相を意識して「正しく伝える」力を磨いていきたいです。

就職する学生へのメッセージ

大学時代は勉強だけでなく、サークルやスポーツ、アルバイトなどに打ち込んだり、さまざまな人とコミュニケーションをとったり、幅広い経験を積んでおくといいと思います。それが人間的な成長につながり、社会に出てからの財産になるはず。有意義に過ごしてください!

手掛けた案件

鶴岡市/踏切付近の地質調査、新潟市/ユニゾンプラザ脇公園の地質調査